秋田県司法書士会 会員向けサイト
〒010-0951 秋田市山王六丁目3番4号 アクセスマップ
TEL 018-824-0187 FAX 018-824-0196
司法書士とは こんな時、ご相談を。

成年後見

ADR(裁判外紛争解決手続)

法律・登記無料相談

会員名簿

リンク集

秋田県司法書士会概要

情報公開

無料相談のご案内

各地区法律・登記無料相談のご案内

法テラス 秋田

にっしれん キッズサイト みらいスゴロQ

携帯用サイトもご利用ください

新着情報
2021.1.29法律・登記無料相談を更新しました。
≫以前のものはこちら 


トピックス
【民法等の一部を改正する法律等の成立を受けて〜相続登記の義務付けに向けた司法書士の役割〜(会長声明)】
2021年(令和3年)4月23日

民法等の一部を改正する法律等の成立を受けて〜相続登記の義務付けに向けた司法書
士の役割〜(会長声明)

                           
秋田県司法書士会
                            
会長 石 井  寿

 令和3年4月21日、民法等の一部を改正する法律及び相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律が成立した。
 所有者不明土地問題が国土の公共的活用等に関連する喫緊の課題となっているところ、これらの法律案の成立によって、その予防及び解消に関する民事基本法制が概ね整備されたことになる。
 今般の法律改正によって、所有権の登記名義人につき相続が発生した場合、原則として、相続人には、3年以内に相続の登記を申請しなければならないという義務が課せられる。期限内に相続の登記を申請するには、出生から死亡までの戸籍事項証明書等の取得を始めとした様々な前提事務処理を行わなければならず、国民にとって、負担になることが想定される。
 全国の司法書士会で組織する日本司法書士会連合会では、国民にとって過度な負担とならないよう、より簡易な手続で相続の登記の申請義務を履行したとみなされる等の制度を設けることを提言してきたところである。今般の改正では、この提言に沿う形で相続人申告登記が創設されており、国民の負担を最小限にするものと考えている。
 もっとも、所有者不明土地の発生防止の観点からすれば、できる限り遺産分割協議を経た上で、確定的に権利を取得した相続人の名義とする登記の申請を行うべきである。相続人申告登記は、当該確定的な権利の登記申請につなげるための過渡的な手続、相続発生の事実及び相続人の一部を公示する役割として位置付けられよう。
 相続登記の申請の義務化をはじめ、相続によって承継した土地所有権の国庫帰属制度や、所有者不明土地管理人に代表される各種の財産管理人制度等、国民生活に与える影響が大きい事項について、当会は市民に対してきめ細やかにサポートを実施していく予定である。その対策の一つとして、今般の法改正に先立って本年2月1日から相続相談に応じる相談窓口「相続登記相談センター」(018-824-0055)を設置した。相続登記及び登記全般に関する相談について、市民が司法書士会及び司法書士に気軽に相談できる窓口としてぜひご活用いただきたいと考えている。
 司法書士は、「登記、供託、訴訟その他の法律事務の専門家」として、多くの相続事件に関与している。今後も、身近なくらしの中の法律家として、改正法にいち早く対応し、国民の権利擁護に資する所存である。
【秋田県司法書士会相続登記相談センターを開設】
相続登記の手続、預貯金の相続手続が分からなくてお困りの方、遺言書を作成したいがどうしたらよいか分からない方、遺産分割調停の書類の作成の仕方が分からない方、いらっしゃいませんか。
そんな時は、司法書士にお任せください。相続手続の専門家として、あなたのお悩みを解決するお手伝いをいたします。
「018−824−0055」にお電話いただければ、最寄りの司法書士をご案内いたします。
初回相談料は無料ですので、お気軽にお電話ください。
≫以前のものはこちら 

© 秋田県司法書士会